So-net無料ブログ作成
検索選択

猫、もう一匹の兄貴、その3 [猫の友達の作り方]

DSCF2149.jpg
どうしたいんですか。きみたち。

それにしても、くもさん。
泰然自若っていうの?
ゆったりしていますな。
やっぱり、強いからでしょうか?

続きを読んでね


猫、もう一匹の兄貴、その1 [猫の友達の作り方]

DSCF2129.jpg
さて、いつもの、
異常に半径の小さい散歩。

「オレの人生には、出会いが少ない。気がする。」
ワタシもっ、ワタシもっっ!

続きを読んでね


伊豆高原日帰り 番外編 [旅行]

031.jpg

じゃ〜〜ン。
『ウシさんとヒトさんの小物入れ』サリ作
不思議で可愛い
・・・・・天才なんじゃ・・・?

先月、従姉妹の三人姉弟 サリ小学4年生、貫太郎7歳、虎太郎5歳と、
伊豆高原に遊びに行ったときに、みんなで作った陶器が出来上がった。

続きを読んでね


ベルバラ病になった! [猫のコスプレ的七変化]

別に「アンドレ〜!」とか叫んで、橋を渡ってしまったわけではない。
アレルギー皮膚疾患の略名である。
ジベル薔薇色粃糠疹(ジベルばらいろひこうしん)
しょぼん。

良くある皮膚病のひとつでジベル先生が発見したそうだ。
だいたい6〜8週間で自然治癒する。
子どもや10代後半などの若い成人によく見られるんだって!
うははは(←喜んでる場合か)

最初に直径2〜3cmほどの円形~楕円形の赤っぽい斑点が、胸、腹部、背中などに1〜3個見つかり、1〜2週間してから数ミリほどの赤い斑点が腹部や背部を中心に多数発生、広がる。
よっく見ると、ちょっとフケっぽく皮がはがれている。
痒くもなんともない場合が多い。
私は、3週間を過ぎた頃から若干痒い部分がある。

原因ははっきりしていないが、皮膚症状が段階的に進行したり、再発がほとんど無いなどの特徴を持っているので、近年ではウイルス感染症にまず間違いないとされている。伝染症例はない。つまりうつらない。

放っといても、大抵治る様だ、が、ウチの先生は抗アレルギー剤と塗り薬を処方して下さいました。
抗アレルギー剤は『アレグラ』。どちらにしろ、もうすぐ花粉症で飲み始める予定だったんですけどね。

それにしても・・・・、
「アンドレ〜〜〜!このお腹見て〜〜〜!!!」

IMG_2550.jpg
アンドレ千「・・・・・。」

いや・・・、ちょっと、やってみたかっただけ・・・。




メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。